~こころブログ~ こみやゆみこ

心理カウンセラーのアクティブ・カラーセラピー。  〝心をほぐし、心に寄り添う〟伴走者の日記

佐賀さいこう表彰って?!

 

先日、

【第1回佐賀さいこう表彰(がん対策部門)】

の受賞の連絡を頂き、

9月22日の授賞式に出席させて頂きました。

佐賀県知事より、

直々に受け取りました。

 

 

その際Facebookにて、

いいね、コメント、などの

アクションをして頂き、

本当にありがとうございました。

皆さまの

お気持ちがとても嬉しかったので、

こちらでもお伝えさせてください。

ありがとうございました♡(´人`)♡

 

 

 

〝佐賀さいこう表彰〟

とは、色々な部門に分かれており、

企業部門

女性活躍推進部門

協働部門

などがあります。

 

 

 

がん対策部門は

今回が第1回目でした。

f:id:kokoro0:20180924181326j:image

 

 

身に余る賞を頂き

本当に感謝し、

それと同時に

知事から賞状を読み上げて頂き、

目頭が熱くなりました。

f:id:kokoro0:20180924181426j:image

 

 

私が出来ること、

私に出来ること、

出来る範囲でですが

コツコツと続けて行くことが、

今回の受賞に繋がったのかなぁと思うと

日々出会う方や

私の周りにいてくれる方には

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

f:id:kokoro0:20180924190025j:image

 

 

 

そもそも

家族のがんがきっかけで、

佐賀県がん予防推進委員〟

になったのは、28年の12月でした。

 

 

 

様々な病気があるなか、

家族のがんは私にとって

人生の中で最も大きな衝撃でした。

 

 

 

こんな経験は

誰もしなくていい…

と強く思いました。

 

 

 

病院に付き添う時間の中で

眠っている間などに

大切な友人、知人に電話をしたり、

直接会って、

『あのね、検診とね、保険の見直しをして欲しいの。』

っと伝えまくりました。

 

それが、

周りの方へ伝えることの始まりでした。

 

 

 

携帯電話は、

話したい本人と繋がれる訳ですから、

とてもありがたいと思ったのを思い出します。

 

 

 

もちろん

本人に、

周りの人に、大切なこと・必要なことを伝えたい事を相談し、了解を得てから。

 

 

家族だから、

何をしてもいいわけでないです。

本人の希望や、想いもあります。

 

 

 

電話口で涙してくれる友人、

とても心配そうに話しを聞いてくれ、

驚きのあまり唖然としているのが、

電話から伝わってきました。

 

 

 

でも、

私たちの心配をして頂くよりも

ご自身の日々の当たり前の生活から、

少し客観的に見て貰いたかったのです。

 

 

 

検診へ行く時間を作って貰うこと、

掛けたらそのままにしている保険の見直し、

それらをして欲しかったのです。

 

 

 

自分の体に目を向け、

掛けたら安心している医療保険

日々中身が変わっています。

私自身も放置していました…

 

 

 

このブログを読んでくださったのも、

ご縁だと思っています。

よろしければ、

ご自分、ご家族の事を、

少しだけ考える時間を作って欲しいと思います。

 

 

 

 

病気になるのが悪いのでないのです。

 

 

 

当たり前になっていることに、

少しだけ目を向けて欲しいのです♡

 

 

 

誰だって、

好んで病気になりたい人などいないと思います。

 

 

 

もし、

私たち家族がきっかけになるのであれば、

伝えたいと思ったのです。

 

 

 

 

最近では地域のあちこちで、

ピンクリボン運動や、

県のリーフレットや資材を用いて、

検診、予防の呼びかけの活動をしています。

 

 

 

これからも、

受賞に恥じぬよう、

しっかりと活動していきたいと思います。


f:id:kokoro0:20180924190152j:image

 

 

 

 

本当に貴重な経験と

そして、

感謝の気持ちで溢れる日となりました。

 

 

 

皆さまとのご縁、

ありがとうございます♡♡♡

 

そして、

これからもどうぞよろしくお願い致します。